在宅で死を迎えること

 萬田緑平さんの『穏やかな死に医療はいらない』(朝日新書:2013年)を読了しました。雑誌で萬田さんのことを知りました。萬田さんはがん患者さんを専門に外来診療・訪問診療を行う診療所を運営しています。終末を迎えたガン患者に穏やかに在宅で暮らしてもらう様、日々、業務に邁進されています。

 

 私が読むきっかけになったのは、身内のガンです。勝ち目のないガン治療に抗がん剤を勧めるのだろうと僕自身、とても不思議でした。悶々と悩む中で、萬田さんの本に出合って目から鱗でした。

 

 萬田さんも本の中で書いていますが、ガン治療の医師の判断は『治す』ということが主眼になっています。例え、根治の可能性が1%でも治療を勧めるそうです。ガン治療を諦めた人がその後、どのように過ごしているのか、どのように亡くなっているのか全く知らないそうです。

  

 医師はどんな状況下でも治療を勧めるというのは本当です。私は職業的に知識がたまたまあったので、年齢や生存率、QOLの維持の観点で医師にがん治療の継続に疑義を唱えると、家族の意思を尊重してくれました。通常の人であれば、医師の勧め通りに、勝ち目のない戦いに挑むガン患者がものすごく多いことを萬田さんの本から知りました。

 

 本を読んで分かったことは、死は怖くない。むしろ、如何に自分の意志で最後を迎えるかが大切だということ。本を読むまでは、病院や施設で亡くなることが私が考える死に場所でした。理由は家族に迷惑を掛けてはいけない・何かあった時に病院に入院していないと不安だというのが理由でした。本で紹介されていましたが、多くの末期ガン患者さんは認知症だったり、寝たきりでなければ、亡くなる数時間前まで元気に自分らしく過ごせることが出来ること。病院で最後を迎えるのは勝ち目のない戦いに挑んで体がボロボロになるから、病院ではいたたまれない死を迎えるケースが多いことを知りました。

 

 職業柄もっと知っておくべきでした。良本です。おすすめですので、自分や家族の最後を考えたい人は是非。

人間とは?

 ハンナ・アーレントの『人間の条件』を再読しています。最近は難解な本を再読することにしているのですが、その時は思わなかったことが同じ文章を読んでも感想が変わっているのが不思議ですね。

 

 人間には『労働』、『仕事』、『活動』と行動を分けることが出来る。マルクス以降、労働に対して価値感が変わり、本来の『活動』の中に内包されている、公的なモノ(政治への関り)が無くなり、私的部分が国家としての意味合いを持つようになってしまった。コロナで言えば、我々、国民が政治に係わり、コロナをどうするかということが無くなり、私的部分:生活や経済を維持する為にどうしたらよいかという話になってしまう。ハンナ・アーレントはギリシャのポリスによって築かれた公的な『活動』が必要だと本では書かれています。マルクスや資本主義の発達により、労働の価値がクローズアップされたが、オートメーション化や分業制により仕事の成果よりも生産性を求められ、労働の価値はむしろ落ちてしまっている。コロナ禍で言えば、テレワークが進み、業務の簡素化がそうだろう。より生産性が上がるのだが、ICTを活用する為、本来の能力や成果をそこまで必要としない。いずれ、その労働の価値も陳腐化して奪われていくだろう。

 

 人間がイキイキ暮らす為には、地域や行政との関わりを持ち(選挙にも行く。政治に興味を持つ)、横断的な業務(分業にしない。職人的な業務を大切にする)を行うことにより、人としての幸福度は維持出来ると、ハンナ・アーレントは示唆していると勝手に解釈しています。

 

 人生100年と言われていますが、ただ生きるだけでは人間の条件には当てはまらない。人間として成長し、世の中にコミットしていこうと思います。

1月も終わりますね。

今日で1月も終わりですね。あと1か月すると3月、春です。今年は寒いので、桜の開花は遅いのでしょうか?夜桜を見ながら、美味しい白ワインを飲めると最高だなとPCでブログを書きながら妄想しております。ワインと言えばフランスワインは温暖化の影響で段々、美味しいワインが作れなくなるそうですね。暖かい国の美味しいワインも増えているので、ワインの味わい方も変わっていくのかな。ちょっと先の楽しいことを考えながら、楽しく過ごしていきたいですね。

毎日書いてみよう。

 毎日、ブログを投稿しようと決めたのは、単純なことがきっかけです。一年以上、文章を書かなくなっていると、何も書けなくなる。文章が稚拙になる。言葉が出てこない。例えが出てこない。データが出てこない。といった具合で、表現が出来なくなってしまいました。

  
 小説家になりたい。本を出したい、なんて若い頃は思っていて、そんな延長線上にブログがありました。ブログを書いている時点で執筆料はもらえませんが、エッセイストの端くれであり、表現者だと考えることも出来るなと改心をしました。

 

 まとめて書いて、予約投稿をしているのが現状ですが、日々、感じることを徒然なるままに書ければ良いかなと思っています。

数字

 工場や学校がオミクロン株の影響で休業、学級閉鎖となってしまっている。沖縄は1月9日~1月31日までまん延防止となっているのだが、『厚労省 データからわかる』で検索してもらうと、全国の各種オープンデータを入手することが出来る。沖縄はなんと、2021年11月14日~2022年1月21日まで死者ゼロである。2か月以上死者がいなかったのである。にも関わらず、3週間程度(1月24日のブログ書き込み時点、)、2月13日まで延長を政府に要請するそうである。

 
 以下は沖縄タイムスより抜粋。玉城知事は1週間の新規陽性者数が過去最多となった18日から減少傾向に入っており「感染のピークは超えた。まん延防止等重点措置の一定効果が得られた」とする一方で、重症化リスクの高い高齢者に感染が広がり入院調整が難しくなるなど医療提供体制がひっ迫していると指摘した。今後、旧正月(2月1日)や建国記念日(2月11日)を含む3連休などで人の接触機会が増えることを懸念して「重点措置の継続が必要と考えた。ご理解頂きたい」と呼び掛けた。対策本部会議を27日に開き、対処方針を決定する。

 
 高齢者も含めて死者がゼロであれば、政策ミスであり、死者2か月間もゼロであるという情報開示を記者会見等で行っていない時点で市民に適切な判断が出来るのだろうか?沖縄県知事の判断は、感染者が爆発的に増えるに伴い、重症者や死者が爆発的に増えてしまうだろうと言う考えに基づいているのだろうが、全く死者は増えていない。一日に沖縄でガンで亡くなる方の方が圧倒的に多いはずだ。何をイシューにしているのか?沖縄県知事をはじめ各県知事に問いたい。

 

 各都道府県のまん延防止だって、子供や若者が高齢者に感染させることを防ぐことが目的だ。でもほぼ死者がゼロだ。では何のために、社会活動を制限しているのだろうか?

 

 1月22日で沖縄でコロナで亡くなられた方がいたが、たしか80代の高齢者。コロナ死の定義もおかしく、コロナ陽性で他の病気で亡くなってもコロナ関連死として計上されてしまう。コロナのデータを政治家や行政の人は誰も把握していない、誰が責任を取るのかが曖昧だというのが真実なのではないか。

 

 

 第二次世界大戦の際に、日本にある石油備蓄量を調べさせた所、半年程度しか備蓄がないと判明したのは有名な話だが、事実は違うそうだ。実際には計測不能。おそらく半年程度だろうと判断しただけだ。実際に4年近く戦争を行っている時点で備蓄量のカウントに誤りがあったのは事実なのだろう。誰も数字を把握していなかった。重大な決断をすることになった時でもこうだったのである。

 

 
 きちんとした数字やデータで判断せず、気合と根性で突き進もうとするのは戦前も今も変わらない。周りの空気感で行動を決めてしまう。そして誰も責任を取らない。戦前は、内閣には解散権しかなく、天皇陛下には統帥権があるといっても形だけで、誰も責任を取れない仕組みとなっていて、軍部の暴走を許してしまった。今回も知事の思い付きを誰も止めることが出来ない。次の選挙で政策ミスを問い、落選させる必要だってあるはずだ。首相が2類から5類に変えることすら出来ないのは、国民の空気感が変わって支持率が変わるのが怖いからかも知れない。もしかすると数字が把握できていないからかも知れない。どちらにしろ、数字の真実とは違う政治決断を日本全国で下していることは事実である。

 

 毎日、会社の近くの電車が人身事故で止まっている。この事実は重い。

お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら