ブログ

ホーム > ブログ

こどもの未来を考える

 日本はこどもを優先に考えるべきだ。未来の高齢者を支えていくのは、今のこどもたちだ。今も昔も大人の事情でこどもの未来は勝手に変えられてしまう。一生の思い出や大切な行事も強制的なワクチン接種も全ては高齢者や大人の命を守ろうと強制的に奪われてしまう。本当にそれで良いのだろうか?自分さえ長生き出来れば、こどもの我慢は仕方ないのだろうか?日本の浮沈は今のこどもたちが握っている。幼少期の思い出や大人の振る舞いが将来のこどもたちの在り様を決めていく。介護保険や医療保険も莫大に増えていくのは必至だが、莫大な借金を今のこども達が払うことになっていることを我々大人が認識をすべきだと思う。

1945年の終戦から77年が経った。増えすぎた人口をどうするかが日本の課題だった。今は、消え去ろうとしている日本民族をどう増やそうかと苦心している。我々大人が、日本人、大和魂をどう伝えていくかも大切だ。今の大人は私も含めて弱腰で命乞いばかりしているようだ。侍の様な人になりたい。

 
 

20年を経て

 この20年で介護には多くの団体が出来た。私と同じ歳又は若い経営者が中心に動いているようだ。知り合いも何人かいた。若さがハンディキャップだと思い込んでいた自分とは違い、若さを武器に政府と意見交換を行っている姿に、是非とも頑張って欲しいと思う。メンバーを見ると僕の様に介護や障がい事業をしなくてはならない強烈なバックボーンを持っている人が少ないと思う。利益誘導を第一目標とせず、公の為、社会の為に精進してもらいたいと思う。

姉を想う。

 コロナ禍の為、施設入所している姉に会うことが出来ていない。オーナーである叔父や担当CMからは様子を聞くことが出来るのだが、直接、顔を見ることが出来ていない。市役所で2ヵ月前に会ったきりだ。

 人は何のために生きているのか?今までの答えは、僕は姉と人生を伴走することが宿命であり、運命だと答えだろう。叔父のはからいで施設入所が決まった時に、僕の人生は達成されてしまった。やり残したことが無くなってしまった感覚だった。残りの人生がエクストラと感じてしまう程であった。誰かの為に生きる、誰かの為に働くと言うのは、人にとって目的や何かの羅針盤としてとても重要なのだと思う。

 
 姉がいなければ、起業することも無かったし、絶体絶命の時に会社を畳むことを選択しただろう。姉がいてこそ、起業や事業継続が出来たのかも知れない。46年の人生の大半を占めていた姉のことや父のことが片付いた。事業も絞り収益化に向かって後は継続するのみとなった。残りの人生、楽しむだけの人生も悪くないが、性に合わない。外出が難しいこの時期に、誰の為に何のために生きていきたいのか、じっくりと考えてみたいと思う。

イギリスの対応を受けて

 イギリスのジョンソン首相は、新型コロナウイルスの感染者が減少傾向に転じたことを受けて、屋内の公共施設でのマスク着用の義務など、規制の多くを撤廃する方針を明らかにし、新型コロナとの共生を目指す考えを改めて強調しました。(NHKより引用)
 

 今日から13都県はマン防に突入するが、イギリスは規制緩和を開始する。何が言いたいかと言うと、日本もオミクロン株が急落した後の政策を国民や市民に政治家が指し示してもらえると、生活に不都合が生じる期間も我慢して過ごせるのではないかと思う。

 

 当社はマン防開始となり、介護の依頼が急激に減少しました。2月は季節柄、入院やご逝去される方が多いのですが、まだ一月のこの時期にマン防が理由で急激に減るのは人災だと思う。飲食店は補填されるが、我々は融資で対応するしか方法が無い。しかも返済が生じる。不公平感は否めないが、決まったことなので仕方ないと思うが、出口戦略を掲げてもらえると、モチベーションが違うのではないか。3回目のワクチン接種を打つだけでは何も変わらない。

まん延防止等重点措置法に思うこと。

 1都12県でまんぼうが決定した。オミクロン株の性質と法制度に乖離があるので、過剰過ぎると思うのだが、2類から5類に変えない限り、都道府県知事の対応としては、まん防や緊急事態宣言しか、やりようがないと思う。

 3回目のワクチン接種が始まるが、人によって知識量がまちまちで、あまり気にせず接種する人が大半だと思う。ほどんどの人が、オミクロン株と以前までのコロナ株との違いが分からないだろうから、感染者数にびっくりして、経済活動も停まってしまう可能性が大だと思う。政府や行政には両論併記を行い、成人の人はワクチンのメリットとリスクを考えて接種に臨んでもらいたいと思う。1394人がワクチン接種後に無くなっている事実(厚労省:ワクチンとの因果関係無と発表)を知って欲しい。(12月24日厚労省HP発表)
 
 しかし、12歳以下の子供にコロナワクチン接種させるのは反対だ。理由はデータベースから見れば一目瞭然だからだ。10歳以下でコロナ死亡者はゼロである。海外の研究発表等が海外ニュース記事で見ることが出来るが、オミクロン株について、調べてみると、弱毒化し変異を繰り返してしまい、ACE2受容体に吸着出来なくなっている。上気道で感染すると分かっているので、肺炎も少ないそうだ。その為、鼻かぜや無症状が多い。弱毒化しているコロナ株に対して、重い後遺症や死亡する可能性がゼロではないコロナワクチンを打たせるのは、今一度データや海外のニュース記事等を見て調べて考えて欲しい。世間からの外圧はあるかも知れないが法律で接種を強制されているわけでないことを忘れないで欲しい。

お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら