経営理念・行動指針

ホーム > ブログ > 社長ブログ

助かるのだが・・・。

国は障がい者向けのインフラ整備に躍起になっている。18年4月より障がい者向けのGH(グループホーム)の拡充を始めた。昼は就労施設で働き、夜はGHで生活をするという仕組みだ。

従来の施設数では、希望者が多く、全く足りていなかった。200万人位足りていないと言われているそうだ。私の姉もその一人なので、助かった。自宅で面倒見ている家族の高齢化が顕著となり、国が動かざるを得なかったのではないか。つまり、200万人前後の待機者は、無理を重ねてきたとも言える。

ただ、また、コンサルタント会社が儲かりますよと、あちこちの企業に持ち掛けている。儲かるからやるのか?と言いたくなるが、参入業者がなく、施設が増えないのも困る。利用者候補の立場としては、とても複雑だ。

自社でやればと言われそうだが、予想だが、数年も経たない内に施設が乱立して、利用者獲得が困難にすぐになるのが早晩目に見えてしまう。介護タクシー、リハ特化型デイ、放課後デイ全てがそうだった。歴史は繰り返すとはよく言ったものだ。




私刑

自分がアルバイトをしているお店内での不適切な動画を投稿する人が相次いでいる。以前、小生が紹介した『影響力の武器』にも、記載されているが、自殺や事故の新聞記事が出ると、真似する人や感化される人が続出すると言うのは人間の心理だと書かれていた。

今回も、いけないことだと分かっているのだろうが、若気の至りとして、動画を投稿する若者が相次いでいるのだろう。昔と違い、限定的な範囲ではなく、日本中に拡散してしまう。若気の至りが事故、事件として扱われてしまう。若気の至りといっても、企業側からすると、とんでもない行為なのだが・・・・。

若気の至りで済まないのが今の世の中。本来、若者を裁くのは、法律だけなのだが、我ら日本国民は死刑ならぬ私刑を若者に課してしまうのだ。具体的には、彼らの経歴、写真全ての情報を探し出し、死刑宣告と言わんばかりに情報拡散してしまう。国民一丸となってマスコミと共に糾弾する。法で裁かれるべき事件が日本国民によって私的に裁かれる。今の日本は、魔女狩りを行っていた頃の中世ヨーロッパか?と感じてしまう。

動画を出す方がダメだが、執拗にたたく国民も冷静に考えた方が良い。

芸能人の不倫騒動でも、国民によって私刑とされてしまう。裁かれるべきは法律である。フランスの大統領だった、ミッテラン、オーランド、サルコジは皆、英雄色を好む政治家だった。彼らはフランス国民から不倫や不貞で糾弾されていない。裁くのは法律だと彼らは、フランス革命を経て理解をしているからだ。

大臣の切り取り発言もそうだが、マスコミも炎上ネタばかりを記事に挙げているのは、日本が平和なのか、国民を愚弄しているのか、どちらなのだろうか?




盛大な人生

自己啓発的な本は好まないのだが、中村天風著の『盛大な人生』を手に取った。積極的な思考・行動が人生を豊かにするというのが、彼の有名な考え方だが、具体的なことが『盛大な人生』に書かれていた。金額が1万円するので、購入には躊躇するが、下手なセミナーに出るよりもおつりがくる内容だと思う。

自己啓発的な内容だと思い読み、半分眉唾物で進めてみると、人間としての在り方、真理を突いている項目が多く、私にはとても参考になった。時代と共に流され、自分を見失っていたのだろう。改めて、人とは何か、人生とは何かを改めて考えさせられた。

松下幸之助翁が師事し、京セラ稲盛さん、日本電産永守さんが愛読書にしている所以が初めて理解出来た。

眉唾物であれば、なぜ購入したのかというと、毎週通う本屋さんにいつも陳列されていて、おそらく10年超は、ビジネス本を手に取る際に、必ず中村天風の本を見ていたことになる。全く興味はなかったのだが、先週、偶然、目に入った時には、なぜか運命的な直感を感じて、購入してしまいました。購入の際に立派な本の為、立ち読みも出来ないので、内容も分からずに購入しました。(AMAZONのレビューは多少参考にしましたが。)

悩んでいる時、答えが欲しい時に、必要な本だったのかも知れません。


心を鍛える

日頃より体を鍛えている・トレーニングしている人は多いと思う。マラソンや筋トレが流行っており、24時間ジムの登場やマラソン大会の開催数増加を見ると、益々、健康志向になっているんだなと感じております。

私自身は最近、寒さと忙しさで、ランニングや筋トレは、ご無沙汰しております。

とは言え、体を鍛える肉体面だけに気持ちが先行してしまい、人間の根幹をなす心を鍛えることが疎かになっていないだろうか?心を鍛えるとはどんなことがあるだろうか。例えば『今日一日、人の悪口を言わない』、『嫌なことを先に対応する』等と律することが鍛えることに該当すると思う。
マラソン・筋トレを多くこなしても、精神力はつくが、心の在り様までは鍛えられないと思う。そこに気づいていない人も多くいる。

先日、支払いをする際に、ポイントカードを忘れたのだが、レジ横のPCで検索しても、名前が出てこないらしい。お客様の登録エラーだと言われた。相手の都合でカードが書き換えになり、データ移行が出来ていないだけなのだが、心が無い人が多いのか、お客様のエラーだと一方的に言われてしまった。最近、本当にこんなやり取く、高圧的な人が多い。店員さんに余裕がないのだろうといつも心配になっていたが、最近、思うのが心を鍛えていない人が増えているからじゃないかと思うようになった。相手を想う心の鍛錬が単純に足りないだけなのだ。

今後の対処法としては、たいして使わないポイントカードは破棄しようかと思う。全部、Tポイントカードに統一してくれないかな(笑)

体も鍛えつつ、心も積極的に鍛えたいなと思う。

女子殺害に思う。

小4の女子が父親に殺害をされた記事を見ました。

可哀そう、許せない等、そんな言葉で日本中の世論、井戸端会議で一瞬は埋め尽くされるのだが、結局は、いつもの日常に皆戻ってしまう。

残念だが、人間は経験した物事には想像力や解決力が働くのだが、経験したことのないもの、見たことの無いものには、ただ傍観するだけなのだ。

私の家も障がいの姉がいるが、頑として父親が障がいと認めない為、あらゆるサービスや行政の介入を拒否した。40年もだ。行政の介入を試みようとすると、母を脅かし、恫喝し、来訪した市役所職員にも怒鳴り散らしていた。
再び姉を精神病棟で薬漬けの生活をさせる位なら、在宅で看てあげたいのは分かるが、母一人に押し付け、障がいサービスを拒否するのは、常軌を逸脱していた。

父は決まって、『姉は障がいじゃない、母親の育て方が悪いんだ』と我々、兄弟に言う。心の中では『お前のエゴだよ』と思っても、怖くて言えなかった。結果、我々、家族は自分の身を守ることを優先し、黙って父親の言うことに従った。


あらゆる行政サービスに加入していなかった為、姉は国民年金・障害年金共に未加入となっていた。
今、現在、姉が自力で生活することが不可能だ。元気に生きているが、生存権のはく奪、家族への危害の観点で言えば、今回の事件と同義だろう。

声高にして、助けを求めれば良かったじゃないかと言われそうだが、叫んでも、そんな状況を理解してくれず、人当たりが良い父親が言葉巧みになし崩しにしてしまう。そして、今度は自分に矛先が向かい、暴力と恫喝を受けるだけでなく、育児を放棄されてしまう。高校進学を許してくれない、大学の学費を払ってくれないと考えると何も出来なかった。

大人になり普通の家庭とはこう言うものだと知るまで、自分の家庭の異常性に全く気付かなかったのだ。暴言を受けながらも、父を尊敬していた。(当然、父には良い面もあるのだが・・・、悪さが際立っていても、ちょっとでも優しくされると人は、許してしまうのだ。DVでよくあることらしい・・・。毎日、DVを受けていたわけではなく、時折、行われる。今回の事件もそうだった可能性もある。だから発覚が難しいのだ。そして、改心したフリに騙されるのだ。)

父は娘への愛し方が偏狂だっただけで、大好きなのは理解出来る。もしかすると小4女子の父親も大好きだったのかも知れない、愛し方は狂っているが。

殺害をした小4の父が悪いのだが、彼の家庭環境も調べた方がよい。私の父の父親もDVが酷かった。悪いことは連鎖してしまう。僕は、4歳頃にDVしようとする祖父に飛びつき、母を助けようと何度も泣きながら訴えたことを思い出す。祖父が亡くなった時に母が暴力を受けなくて良かったとホッとした。

こういう事件は永遠に無くならない。そして、行政では対応は無理だ。法律を遵守しなくてはならないので、どうしても無理が生じる。

解決策には程遠いがNPO法人、ボランティア団体、障がい事業所、地域を支えている介護事業所が介入するのがまだマシかも知れない。法律遵守を義務付けられている公務員より、より機動的に動ける可能性が高いからだ。

地域を支える、地域を変える、行政と地域を繋ぐという、崇高な理想を掲げる若手経営者達に是非、こういった人間の暗部を知ってもらい、入り込んで欲しい。私も会社でのミッションを終えた後で、微力ながら取り組みたい。





お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら