経営理念・行動指針

ホーム > ブログ > 社長ブログ

経営戦略を問いなおす

「経営戦略を問いなおす」(著 三品和弘 ちくま新書)を読んだ。以前、通っていた先生の推薦図書だったので、読んでみたが、中々、読みづらく、内容的にも手ごわく感じた。古典等で読めない時は読み手の知識不足、現代文等で読みづらい本の時は筆者の責任だと習ったが・・・。

今回は自分がお馬鹿だと卑下して読み進めましたが、いや~読み応えよりも、要約していかないと内容が繋がらない本だった。実際にはきちんと書かれているのだろうが、難解に感じたので、繋がりを感じにくかった。

私なりに要約すると要は、戦略は立てることは難しく、世の中に出ている「戦略」、「経営戦略」という言葉は眉唾ものだと喝破したいらしい。

三つ子の魂百までではないが、経営戦略を立てて上手くいっているのは、経営者の資質や経営環境の運に左右されるので、MBAで習ったり、本で学んだとしても、アナライズ(分析)は出来ても、新たなイノベーションは起こせないと断言していた。ものすごく同意出来た部分である。

本書で紹介された、優良企業ヒロセ電機は、社長自身が工場に25年ほど、見に行っていないと他の本で暴露していたのを思い出した。経営に集中する為だそうだ。経営の王道は、現場主義だと言われているが、型破りな方法で成功している。現場を見ないで経営戦略を立てて成功している。セオリー無視である。

コンピューターメーカーの「デル」の創業者マイケル・デルも実は戦略は持っていたわけではなく、結果論として成功していたようだ。(本書に書いてある)

世の中で言う経営戦略とは何なんだろうか??

筆者は経営者の教養や願望などを含めた資質をベースにどういう業務上の経験を踏んだかが戦略になり得るだろうと書いてあった気がする。

名経営者は世に出る前の幼少期や青年期に、経営者としての資質を磨いている傾向が高かったそうである。マネジメントは後天的な要素とは言われるが
経営者になると資質が重要なのか・・・・。

戦略を立てる際には、利益が出るマーケットで行わなければ、どんな名経営者でも会社は潰れるし、利益を伸ばすことは不可能だということをファクトと数字で示しているのは本書の傑出する部分だと思う。



前に出る。

森さんはもっと前に出るべきだと進言をして下さる方がいらっしゃいました。感謝です。シャイなので、SNSを活用して、今風に何かを主張するのがすごく苦手です。また、今風が意外に嫌いであり苦手なんです。おそらく自意識過剰でナルシストなんだと自分を自画自賛しております。

炎上したり、失敗したり、やっかみを受けるのが怖いというのが自意識過剰でナルシストだという根拠なんですが。

今年はSNSを使って、自己アピールするかな・・・。出来るかな・・・・。まずは勉強会の幹事として頑張ったので、良しとしようかな。

前に出るのはやはり苦手で、どうしても尻込みしてしまいます。








勉強会

10月6日(金)に『第6回介護サミット』を(株)トーリツ様のご厚意で会議室をお借りして実施しました。私が今回の運営の当番と相成りまして、担当することになりました。

セミナーや勉強会に出席することは多々ありますが、運営に関しては私は全くに素人でしたので、本当に手探り状態でした。
森塾であれば、好き勝手に運営出来ますが、ここではイチ会員であり、当番ですので、非常に運営内容には苦慮しました。

何をして欲しいかと聞くと、経営について学びたいという意見が多々ありましたので、そこにフォーカスを当てて何か出来ないか?と考えて、今回の勉強会を組み立てることにしました。

勉強会の主催や出席が多い会員様が多い為、この勉強会でしか学べないことをやるには、ビックゲストを呼ぶしかないと考えまして、私が通っている『出口塾』の塾長である、ライフネット生命保険株式会社 創業者 出口治明さんを勉強会の講師として呼ぶことを決意しました。

出口塾の後の懇親会にて出口さんに相談をしたところ、あっさりと快諾を頂きました。その後、ライフネット生命のマーケティング部の方と勉強会に関してのやりとりを行っていきました。会員様とのやり取りもありますので3ヶ月ほどやり取りを行っていましたが、わずか1時間30分の講演の為に、信じられない位のメールのやり取りと時間と気を使いました(笑)

開始までの1週間は文化祭のごとく、燃え上がっていました。勉強会の運営準備の傍らで仕事を少しこなすという、時間構成でしたが、圧倒的な情熱と努力をそこに注ぎ込みました。やるだけやったので、失敗しても後悔はないなという心境でした。(Oさん、Kさん、S社長には無茶なことにお付き合い頂き、誠に感謝です。)

当日を迎え、出口さんの公演が始まりました。どうだろうと辺りを見渡すと皆さまシーンとしておりましたので、「しまった・・・、失敗か・・・。」と一瞬嫌な汗が出ましたが、余りの衝撃に言葉を失ったというのが皆さまの共通のご意見でした。(いや~良かった・・・・。)

出口先生と記念撮影も行い、その後のプログラムも無事終わり、懇親会まで何とかたどりつくことが出来ました。帰りはスタッフのSさんに連れて帰ってもらいました(かなり酔っぱらっておりましたので・・・)。

何故か、運営スタッフとして赤点留年となりましたので、またネタ探しの旅をしなくてはならなくなりました。今回出来が良すぎたので、次回は少しだけ手を抜こうと思っています。

20171006介護サミット(講演会2).JPG




勉強会

10月6日(金)に『第6回介護サミット』を(株)トーリツ様のご厚意で会議室をお借りして実施しました。私が今回の運営の当番と相成りまして、担当することになりました。

セミナーや勉強会に出席することは多々ありますが、運営に関しては私は全くに素人でしたので、本当に手探り状態でした。
森塾であれば、好き勝手に運営出来ますが、ここではイチ会員であり、当番ですので、非常に運営内容には苦慮しました。

何をして欲しいかと聞くと、経営について学びたいという意見が多々ありましたので、そこにフォーカスを当てて何か出来ないか?と考えて、今回の勉強会を組み立てることにしました。

勉強会の主催や出席が多い会員様が多い為、この勉強会でしか学べないことをやるには、ビックゲストを呼ぶしかないと考えまして、私が通っている『出口塾』の塾長である、ライフネット生命保険株式会社 創業者 出口治明さんを勉強会の講師として呼ぶことを決意しました。

出口塾の後の懇親会にて出口さんに相談をしたところ、あっさりと快諾を頂きました。その後、ライフネット生命のマーケティング部の方と勉強会に関してのやりとりを行っていきました。会員様とのやり取りもありますので3ヶ月ほどやり取りを行っていましたが、わずか1時間30分の講演の為に、信じられない位のメールのやり取りと時間と気を使いました(笑)

開始までの1週間は文化祭のごとく、燃え上がっていました。勉強会の運営準備の傍らで仕事を少しこなすという、時間構成でしたが、圧倒的な情熱と努力をそこに注ぎ込みました。やるだけやったので、失敗しても後悔はないなという心境でした。(Oさん、Kさん、S社長には無茶なことにお付き合い頂き、誠に感謝です。)

当日を迎え、出口さんの公演が始まりました。どうだろうと辺りを見渡すと皆さまシーンとしておりましたので、「しまった・・・、失敗か・・・。」と一瞬嫌な汗が出ましたが、余りの衝撃に言葉を失ったというのが皆さまの共通のご意見でした。(いや~良かった・・・・。)

出口先生と記念撮影も行い、その後のプログラムも無事終わり、懇親会まで何とかたどりつくことが出来ました。帰りはスタッフのSさんに連れて帰ってもらいました(かなり酔っぱらっておりましたので・・・)。

何故か、運営スタッフとして赤点留年となりましたので、またネタ探しの旅をしなくてはならなくなりました。今回出来が良すぎたので、次回は少しだけ手を抜こうと思っています。

20171006介護サミット(講演会2).JPG




所詮は

週刊SPAをタブレットで読んでいると、ライフネット生命創業者の出口さんが解説をしていました。(最近は、様々なジャンルの本に出ている様ですね)
MBAやビジネス書、ドラッガー等を読破、学んでも、自分の能力の3%前後しか改善されないと書かれておりました。

同意でした。20代は私も国内のビジネススクール(速攻、中退)に入り、ビジネス書を一通り読みましたが、スポーツで言えば筋トレをしただけで、実際にスポーツが上手くなった感覚は全くありませんでした。

実践で学んでいたので、授業がくだらなく、言っている理論も、経験で独りでに覚えていました。遊びや経験で学ぶのが一番の近道だなと20代の時に痛感してしまいました。30代には自己啓発・ビジネス書から文学・古典に完全に読む本をシフトしてしまいました。ドラッカーもさらっと読みましたが、あれを有難がるよりも、坂口安吾の「暗い青春」や吉本隆明 の「共同幻想論」の方が経営には役に立つと思う。

ビジネス書は全て結果を書いてある。だから分かった気になる。しかし本当は、古典や文学等を読み進めながら、心情の移り変わりや、人の真理を知る方が、結果としてドラッカーを読んだ時に、理解がより深まるのではないだろうか。順序が逆な気がする。

ビジネスを続ける為には、自分自身の心の在りようが大事であり、心を鍛えるには、遊んだり、本(ビジネス書以外)を読んだり、旅に出るしかない。それを喝破されているのは、前述の出口さんでした。

ビジネス書の類は所詮、教科書であり、分からない時、体型的にまとめたいときに使えばよく、真面目に全てを読んだからと言って、頭も良くならないし、経営も良くならない。ただ、ビジネス書を読んでいますよと言えば、かっこよく聞こえるし、まともな人に見えると言うだけなのだ。


お気軽にお問い合わせください。ホームヘルパー・ケアマネージャーの派遣やデイサービスについて、ご質問・不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。電話番号ご利用者様の方(介護タクシー・その他) 045-762-2181/法人様・求職者の方 045-762-0851

メールでのお問い合わせはこちら